タグ「呪い返し」が付けられているもの

感謝。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

先日の記事をご覧頂いた方々から、お気遣いのメールをたくさん頂戴いたしました。
祈祷にあたらせて頂いた祈願者様ご本人のみならず、過去にご祈祷させて頂いた方や、初めてご相談頂く方からも心温まるメールを頂戴いたしました。
まずはご心配お掛け致しましたことをお詫び申し上げます。
と共に、祈祷師として本来は祈願者様に誠心誠意お力添えし、時に叱咤し、祈願者様の心願成就へ向けて共に尽力して行くべき立場であるにもかかわらず、逆に祈願者様からお気遣い頂き温かい言葉を頂戴し、たくさんの「パワー」を頂くことができ、おかげさまですっかり回復し実務に復帰することができました。
このことは私自身の何よりの励みとなりました。
今後も祈祷師として誇りを持って、祈願者様と一体となり、心願成就へ向けて共に尽力してまいりたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

呪い返しにやられてしまいました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
ここ数日間、祈祷所で寝込んでおりました。
祈祷中に油断してしまったためか、呪い返しにやられてしまいました。
1~2日は意識がなく、気付けば古参(ベテラン)の祈祷師から「排呪」を施して頂いているところでした。
幸い後遺症もなく、間もなく祈祷に復帰できる見通しです。
祈祷所と社務所を行き来する日々が続いておりましたので、無理が祟ったのかもしれません。
 皆様方におかれましても、これから暑さも厳しくなりますので、無理のないように暑さ対策をしながらお過ごしくださいませ。
そして、くれぐれもご自身で見よう見まねでの呪術行為をおこなうことは避けてください。

「呪い返し」はどの程度ですか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
祈祷をご依頼される方から、よくこのような質問を頂戴いたします。

「祈祷を依頼する場合、どの程度の呪い返しが来るでしょうか?」

私自身は「呪い返し」について一般の方に説明する際に、
呪術の目的・規模の大小に関わらず、呪術という事案に関わる以上は祈願者様(依頼者様)にもわずかながら呪い返しの影響が生じます、
といったことをお伝えしております。
ただしこれだけでは単に祈願者様をビクビクさせるだけに終わってしまいますから、
「よって、特に儀式の期間中は日頃以上に注意して、お過ごしくださいませ」
と付け加えております。
 この説明の本質は以下の通りです。

本来の「呪い返し」というものは、呪術行為の跳ね返り、あるいは反作用として、行為者自身に生じるものでございます。
従いまして、呪術行為を行う祈祷師(呪術師)が、その影響を受けることになります。
これを「本来の呪い返し」あるいは「狭義の呪い返し」と呼んでおります。
依頼者様は呪術行為をするわけではありませんので、「本来の呪い返し」の影響を受けることはありません。
しかし、呪術という非日常的な事案に関わるわけですから、儀式の期間が近付けば、いくら心穏やかに過ごしたくとも
どこか神経が高ぶったり、落ち着きがなくなってしまいます。これによって夜間の睡眠不足を生じ、日中は注意力が散漫に
なってしまうことも予想され、場合によっては事故などを誘発する危険性もあります。
このことは、本来の呪い返しの影響とは異なりますが、呪術という事案に関わることにより受ける影響という意味では、
「広義の呪い返し」とも呼ぶことができるでしょう。
従いまして私どもでは、祈願者様に上記の内容を説明し、できるだけ夜間は充分に睡眠を取って頂くようにお願いし、
日中は普段以上に周囲に注意してお過ごしいただくことをお願いしております。