タグ「新嘗祭」が付けられているもの

「11月23日から新米をご用意いたします。」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。季節は冬へと向かっています。
過日の土砂災害で被害を受けた地域も、皆様のご協力によりだいぶ復旧が進みました。
ただ、被害を受けられた方々の中には、ちょっとした雨が降っても当時のことを思い出して激しい不安に駆られる、
地元地域に愛着はあるが今の家に長く住むことを躊躇してしまう、といった感情があるのも事実です。
真の復興へ向けて、私たちも尽力しなくてはなりません。

 さて、以前、縁切りのご祈祷をさせていただいた方からご連絡を頂戴し、
広島市内で待ち合わせの上、会食を、ということになりました。
紗季祈祷師は都合がつかず不参加とはなりましたが、紗季祈祷師と縁の深い、とある和食のお店にて食事をすることとなりました。
すると、店内には「11月23日から新米をご用意いたします。」との案内が。
11/23 といえば、世間では「勤労感謝の日」ですが、もともとは「新嘗祭」の日です。
天皇みずから新穀を召し上がり、神様に収穫の感謝をお伝えになる祭祀です。
※過去記事参照。[2013年][2012年]
中には9月頃から新米を出されるお店もありますが、ここのように我が国の伝統をしっかり守っておられるお店があるのは嬉しい限りです。

家族そろって「新米」を。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
昨日、11月23日には宮中で天皇陛下御自ら「新嘗祭」を催行なさいました。
天皇が神様に五穀をお供えし、今年も自然の恵みを頂いたことへの感謝を伝えます。
そして翌年の五穀豊穣を祈ります。
宮中祭祀の中でも、最も重要な祭事と位置づけられています。

 その年の初物は、まずは神棚(神様)へ、あるいは仏壇(仏様)へ、という昔ながらの風習が残っているご家庭も多いのではないでしょうか。
お供えしたあとの「おさがり」を、私たちがありがたく頂きます。

 「お米」も同様で、今年獲れた初物は、まずは神様へお供えします。
これが「新嘗祭」です。
お供えが終わると、今度は私たちがその「おさがり」を頂戴します。
11月24日こそ、本来の「新米」の解禁日なのです。
それ以前に口にするということは、自分の食べ残しを神棚あるいは仏壇にお供えするようなものです。
飲食店を経営されている方には、是非とも「11月24日・新米解禁日」を取り入れて頂きたいと思います。

 そして、一般家庭においては、11月24日の朝食には父親の掛け声と共に「いただきます」といい、
その年初めての「新米」をありがたく頂戴する風習を取り入れたいものですね。

勤労感謝の日(新嘗祭)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(香苗)

香苗です。
本日は『勤労感謝の日』で、祝日です。
昭和23年に施行された「国民の祝日に関する法律」により制定されました。
本来は『新嘗祭』という祭事がおこなわれる日で、五穀の収穫を祝い、神様に感謝する日です。
こちらは歴史が古く、皇極天皇という女帝の頃から始まったとされていますから、もう1400年近くも続いている行事ということになります。
現在我が国には「祝日」はありますが、「祭日」は無くなりました。
祭日というのは、宮中行事が行なわれる日という意味、あるいは神道の霊祭が行なわれる日という意味です。
新憲法施行後も宮中行事は変わらず行なわれています。
「祭日に戻せ」とは言いませんが、今一度我が国の風習文化を見直し、改めて様々な物事に対して感謝の気持ちを持てる機会を作っていきたいですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%98%97%E7%A5%AD
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%A4%E5%8A%B4%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%AE%E6%97%A5