タグ「結婚」が付けられているもの

幸せな縁切り・・?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(香苗)

 はじめまして。
紗季祈祷師に代わって、筆を取らせていただきました。
"筆" というのも妙な表現ですけれども・・

 今夏もたくさんのご依頼人様が、成就のご報告に社務所にお越しになりました。
このところ紗季祈祷師もほとんど社務所に戻れない日々を送っており、代わってお話しをお伺いいたしましたが、
私も何人かの方々から貴重なお話しを聞くことができました。
特徴的に感じたのは40代半ばの男性と女性。ご一緒に来られて、私はてっきり縁結びのご祈祷が実を結んだものと思っておりましたところ、
どうやら、縁切り祈願の成就のご報告だそう。
元々お二人はご夫婦で、ともに職場でも責任の重い立場にあられます。
ご主人ではなく、奥様のご都合での長い単身赴任生活。
いつしかお二人の間にはすれ違いや誤解が生じ、亀裂となり、深い溝になって行きました。
その後、(元)ご主人からの縁切り祈願のご依頼があったのは必然の流れだったのかと・・

 当初は(元)奥様への怒り・憎しみに溢れていた口調も、日が経つにつれ、これまでのいろいろなことへの感謝の言葉に変わってまいりました。
変化の兆しが見られてから成就までは、それほど時間はかかりませんでした。

 そのお二人が、何故かそろって社務所にお越しになりました。
(元)ご主人のお話。
「こういった距離感でつながりを持つこと自体の概念が、今まで自分には無かった。夫婦であるということを自分が勝手に重たく受け止めていただけかもしれない。
今あるものへの感謝を忘れ、常に何か足りないという不満と焦りばかり。これではお互いに幸せになれないのは当たり前だ。夫婦という呪縛から解けた今、心からの幸せを感じている。
幸せな縁切りというのもあるんだなぁ、と実感している。」

 まだまだ修行中の私ですが、この一件は目から鱗が落ちたと申しますか、貴重な御意見を伺うことが出来ました。
お越しいただいたKさん・Iさん、どうぞこれからも、お "幸せ" に!

復縁成就の祈願者様と

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

世間では、天皇誕生日とクリスマスを含めた三連休でした。
ご病気が快癒されたばかりの今上天皇、 78歳になられました。今年は記者会見こそ無かったものの、陛下からの「ご感想」には我が国の様々な細かい部分にまで心を寄せられ、平穏と無事を祈っておられることがうかがえます。
未曾有の国難に正面から立ち向かっておられる現場の方々は、このお言葉でずいぶん心救われた方も多いのではないでしょうか。
混乱極まる政治ばかりがメディアにクローズアップされ、現場の方々のご尽力はほとんど報道されません。そうした見えない方々の努力によって、我が国は一歩ずつ「復興」へ向けて歩んでいるのは事実ですね。そうした現場の方々のご尽力をちゃんと見守ってくださっているのは、本当に頭の下がる思いです。

 とはいえ、特に若い世代の方々には、三連休と言えばむしろ「クリスマス」という印象だったかと思います。
今年の夏まで専願祈祷にて「復縁成就」のご祈祷を実施させて頂いたRさんご夫妻からご招待を受け、12/24 に広島市内まで足を伸ばしてまいりました。
12/24 の夜と言えばまさに「クリスマスイブ」の真っ最中(?)、
敬虔なキリスト教徒の方々は教会に集まり、荘厳なミサが執り行われていると思われる中、
街はイルミネーションで照らし出され、若い男女が道を埋めつくし、大いに賑わっておりました。
そんな中を一人で歩くのも勇気が要るものですね(笑

 Rさんご夫妻は結婚5年目にして一度離婚され、お互いに連絡も取れなくなっていたところで、奥様からのご依頼で復縁祈願のご祈祷を1年間ほど実施させて頂きました。
(元)ご主人も、どこに住んでおられるのか、もう再婚してしまったのかすら分からず、絶望的な状況の中でご相談に来られました。
どんな祈願事でも共通しているのは、祈願者様ご本人が絶望してしまっては、叶うものも叶わなくなってしまう、ということです。
とは言え、前述のような状況の中で希望を見出すことの方が困難であり、理想の将来像を想い描けば描くほど虚無感が募るのも無理はありません。
そういう時には、一人で抱え込まず、周囲の方々や友人に打ち明けて、一緒に悩みを共有するのがベストです。
祈祷師もその一役を担い、まずは祈願者様の絶望感を取り払うことが重要と考えます。
今から手に入れようとしている理想の将来に対して、僅かでも希望を見出すことができたならば、もう半分以上は成就したも同然です。
あとは祈祷師に一任して頂き、ご祈祷によって対象者に働きかけて参ります。
Rさんも「必ずまた一緒になれる」「一緒になれたら、今度は子どもも欲しい」「小さな家で幸せを築きたい」といったような具体的な将来像を常に心に想い描くクセをつけるようにして頂き、それでもつらい時には私ども祈祷師に相談して頂きながら祈祷を進めました。
お会いした 12/24 に正式に入籍されたそうで、「これで毎年、全世界から祝福してもらえる」とおっしゃっていました。
末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます。

平成23年末から平成25年中旬頃にかけて、特に呪術の効果が強力に得られる時期に入ります。
八方手を尽くして絶望的になってしまっていても、その中に僅かな希望の光を見出し、「絶対に叶えたい!」「絶対に叶えてみせる!」という強い決意を持って臨み、心から望む理想の将来を手に入れるべく私どもと共に尽力してまいりましょう。

結婚することになりました。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
暦の上では秋とは言え、まだまだ本格的な暑さには悩まされますね。

 さて、この度、結婚が決まりました。


とはいえ、私ではなく、私どもの組織に所属する、女性の若い見習い祈祷師、香苗さんです。
先を越されてしまいました(笑)
見習い祈祷師の身分ですので、皆様へのご祈祷をお受けするにはまだ少し時間がかかるかと思いますが、どうか彼女らの幸せを応援して差し上げてください。

「祈祷師」あるいは「見習い祈祷師」というと、どのような印象をお持ちでしょうか?
生まれてすぐに神童と崇められ、学校も行かずに修行を積むことで、何か不思議な力を手に入れられる。
そんな印象をお持ちでしたら、それは空想の世界の出来事です。
少なくとも私どもでは、見識・良識のある成人もしくは成人に近い年齢になってからの修行開始となりますし、そのためには希望者には大学に進学させたりもしています。

大勢の方々から相談をお受けするにあたって、あまりに常識を知らないと、何も助言をすることができないだけでなく、先方様に不快感ばかりを与えてしまいます。
法律の基礎も知らないで「法的手段を検討してみてください」と言ったところで、何の説得力もありません。
科学を知らない人から「科学的だ」「非科学的だ」といった話をされても、何ら信憑性がありません。
恋愛も知らないで、恋愛相談や縁切り相談を受けられるはずもありません。
会社運営を知らない人が、企業死の祈祷を提案することは不可能です。

世間を知り、常識を学び、自然科学を学び、人文科学を学び、恋愛を経験し、一定の社会経験を積んで、
その上で自分の力を人のために使うことに生き甲斐を感じるようになる、
その段階で、はじめて祈祷師としての修行に着手することになります。

ある者は社会経験を積むために就業し、ある者は大学へ進学して一つの学問を追求し、
またある者は神道学を学んで「神職」の資格を取り、ある者は家庭の中で家族の幸せを追求しながら、
それぞれ置かれた立場の中での自分の役割を知り、そして自分の力を世のためにどうやって役立てられるかを追求します。
どこかの時点で私どもの修行が終わることはなく、私どもは常に修行中の身であり、ある程度の段階で「祈祷師」の称号を与えられます。(祈祷師拝命)

どうか皆様、「祈祷師」を敷居の高い存在と思わないでください。
世の中にはまだまだ私どもが知らないことの方が多いわけですから、私自身も皆様から勉強させて頂きたい心構えです。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。