呪い代行の最近のブログ記事

紗季です。

金運について考えてみました。

紗季です。
梅雨も明けて、各地で猛暑が続いております。

 最近、習い事などの上達・習熟という祈祷のご相談を受ける機会が増えてまいりました。
自己練磨(自分磨き)の一環で、自分への投資をされる方が増えているようですね。
一度踏み込んだ世界ですから、ぜひとも極みに達していただきたい次第です。

 習い事をするということは、その技術や知識を自分のものにするということも重要ですが、
何より「習う心構え」を修練する場であると思います。
謙虚さが無ければ、どんな物事も自分のモノにすることはできません。
自分の師匠に完全に染まり、認められてから、その後に自分のアレンジをして行けばよいわけです。
まだまだ未熟な人間ほど、「でも」や「だって」を真っ先に発するものです。
そういう人間に対して、心を込めて教えたい師匠は居ないはずです。

香苗です。

本日未明、大分県南部を震源とする地震が発生いたしました。
皆様は、被害に遭われてはいませんでしょうか。
ここ広島でも、震度2~4が記録されましたが、大きな被害の報告は受けておりません。

 地震があった時刻には、私自身は祈祷所に入っておりました。
ちょうど前日が祈祷の日程となっておりまして、この日のご祈祷をすべて終えた矢先の揺れでした。
祈祷師一同「これは何かあったに違いない」と考えました。

 そして夜が明け、昼過ぎあたり、ご依頼者の方から一報が入り、
昨日から本日未明までご祈祷させて頂いていた呪殺祈祷の対象者が急性心不全で亡くなり、いろいろと手続きを終えたところだというご報告でした。
ご依頼者の方もどこか落ち着いた様子で、身内が亡くなったことに対する大きな悲しみはありませんが、呪殺祈祷がようやく成就した喜びというわけでもなく、「これからようやく自分の人生が始まる」といったある種の覚悟をも感じさせるしっかりとした声でした。

 祈祷の成就は私どもにとってはあるひとつの「ゴール」ですが、ご依頼者様にとっては、ここから新たな人生が始まる「スタート」でもあります。
ご祈祷(呪術)は最終手段であり、絶望的な状況下からの劇的な状況変化を実現する手段ですが、
その成就を「ゴール」と捉えてしまうと、それから先の計画が立っておらず、あるいはその先の人生を犠牲にしてまで祈祷に臨んでしまって、せっかく成就してもその先の人生で苦しい思いをするかもしれません。
あくまで祈祷は手段であり目的ではなく、成就は新たな人生の「スタート」です。

梅雨入り

|

香苗です。

広島は、昨日梅雨入りしました。
今日は快晴ですが、これからシトシトと雨の続く、嫌な季節になりますね。
しかし、これも恵みの雨、農作物には必要な雨です。
梅雨が明ければ、青い空が広がる夏が待っています。
人の運気も同じですね。
常に良いことばかり続くわけではありません。悪い時期が来ても、それを乗り切ればまた良い時期もやってきます。
悪いときには、悪いときなりに、「自分の中のそういう時期なんだ」と受け止めることが大切ですね。

紗季です。
旧年中はご厚情を賜り有り難うございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

紗季です。
本年も残すところ、本日のみとなりました。
思え返せば、土砂災害など、激動の年でした。
来年も、皆様方のお力になれるよう、祈祷師一同尽力いたします。

香苗です。

 朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。季節は冬へと向かっています。
過日の土砂災害で被害を受けた地域も、皆様のご協力によりだいぶ復旧が進みました。
ただ、被害を受けられた方々の中には、ちょっとした雨が降っても当時のことを思い出して激しい不安に駆られる、
地元地域に愛着はあるが今の家に長く住むことを躊躇してしまう、といった感情があるのも事実です。
真の復興へ向けて、私たちも尽力しなくてはなりません。

 さて、以前、縁切りのご祈祷をさせていただいた方からご連絡を頂戴し、
広島市内で待ち合わせの上、会食を、ということになりました。
紗季祈祷師は都合がつかず不参加とはなりましたが、紗季祈祷師と縁の深い、とある和食のお店にて食事をすることとなりました。
すると、店内には「11月23日から新米をご用意いたします。」との案内が。
11/23 といえば、世間では「勤労感謝の日」ですが、もともとは「新嘗祭」の日です。
天皇みずから新穀を召し上がり、神様に収穫の感謝をお伝えになる祭祀です。
※過去記事参照。[2013年][2012年]
中には9月頃から新米を出されるお店もありますが、ここのように我が国の伝統をしっかり守っておられるお店があるのは嬉しい限りです。

香苗です。

 報道ですでにご存じかと思いますが、昨夜から今朝方にかけての豪雨により、広島県内各地で洪水・土砂崩れなどの被害が出ております。
祈祷所・社務所でも土砂崩れの影響を受けましたが深刻ではなく、難を逃れました。

 昨夜は、10秒に一度程度の高頻度の雷鳴が延々と続き、そのうち幾度かは落雷し、轟音が絶えず響いておりました。祈祷所から見下ろす光景は、まさに地獄絵図の様相でした。
こうした天変地異は、大きな祈祷の成就の兆候とも言われます。
現在のところ、連絡は入っておりませんが、祈祷所に残っている紗季祈祷師や祈願者様から安否などの情報が入ることを待つばかりです。

香苗です。

 紗季祈祷師も無事に戻り、先週末から復帰されました。
携わった禁忌の秘呪も劇的な成果を挙げ、祈祷師も全員無事に社務所に帰還しました。

 全国的に梅雨も明け、と同時に本格的な夏の猛暑が到来しました。
エルニーニョ現象の影響で「冷夏」かと報じられていましたが、フタを開けてみれば例年以上の猛暑に・・
こまめな水分補給を心がけて、まずは身の安全を確保しましょう。

香苗です。ご無沙汰しております。

 我が国に到来するものとしては最大級の、猛烈な勢いの台風が接近しております。
予報によりますと、沖縄を通過したのち、九州や本州にも上陸するおそれがあるとのことです。
どうぞ皆様、命を守る行動をおとりください。

 当会におきましても、本日未明に巨大な雷鳴を確認いたしました。
「天鳴り、地鳴る」とき、大きな祈祷が効果を出すと言われております。
祈祷所に詰めている紗季祈祷師をはじめ、数名の祈祷師および関係者と連絡が取れておりません。無事を祈るばかりです。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち呪い代行カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紗季です。

次のカテゴリは報告です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。