タグ「儀式」が付けられているもの

良縁成就の祈願者さまから

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 寒さもようやく一段落、といったところでしょうか。
ここ地元では JR三江線 の廃線が決定しており、各地から鉄道ファンの皆様が廃止前の姿を一目見ようと駆けつけておられるようですが、
年始からの大雪の影響で運行が見合わせられておりその雄姿を目にすることができずにいました。
天候も穏やかになり、線路の点検も終了したことから、2/22 に一部再開、2/24 には全線再開されました。
 古来より悪天候・異常気象は祈祷と密接な関係があり、本年実施されている祈祷に対しても大きな影響を与えております。
そんな中、昨年末から年始にかけて「良縁成就」をご祈祷させて頂いていた祈願者様(依頼者様)から成就のご報告をいただき、先日すばらしいおもてなしを頂戴いたしました。

「良縁」と聞くと、恋愛関係や男女関係を連想しがちですが、ここで言う「良縁」はもっと広い意味を持ちます。
良い上司に出会える、良いお客様に恵まれる、尊敬できる人に出会える、生涯付き合っていける人と出会える など、総じて『良い人脈に恵まれる』ことを目指すものです。
この世は、自分一人で生きて行けるものではありません。何事においても必ず他人との関わりが生じます。
1日中パソコンで仕事をしている人や、山奥でひたすら作品を仕上げる芸術家のような人も、その仕事は誰かの「喜び」「勇気」「幸せ」につながるわけで、その見返りとして報酬を受け取ります。
良い人脈に巡り合えるということは、自分を取り巻くすべての環境が良くなることを意味します。

 今回ご祈祷させて頂いた方からは、経営されている会社の不振を相談されておりました。
内容を伺い、私どもから「良縁成就」をご提案させて頂きました。
当然社長さん(依頼者様)からも疑問が上がり、「商売繁盛」や「金運向上」のような種類ではなく何故「良縁成就」なのかを問われました。
 その会社は従業員の出入りが激しく、せっかく育てても戦力として定着しないことが問題であるというのが共通認識でした。
その社長さんには、これからは「従業員のみならず、仕入先の担当者、関係業者の方々など、まずは『人』を大切にすること。」をお願いしました。
その上で「良縁成就」のご祈祷をさせて頂くこととなりました。
社長さんの心がけの改善が「重力」となり良い人脈を引き寄せ、さらに祈祷が「求心力」を生じさせることで相乗効果を期待しました。
その結果、これまで消極的だった従業員が一変し、新しい事業の提案をしてくれるなど経営にも積極的に参加してくれるようになってきたそうです。
まだまだこれから変わって行くものと思いますが、そうした「改善の一歩」が見えたことをとても喜んでおられました。
このように、「自らも変わり」「祈祷で周囲を変えて行く」という両輪で臨むことが、すべての祈願に対して有効であると再認識できた一件でした。

※浄階師祈祷 で実施させて頂きました。

「11月23日から新米をご用意いたします。」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。季節は冬へと向かっています。
過日の土砂災害で被害を受けた地域も、皆様のご協力によりだいぶ復旧が進みました。
ただ、被害を受けられた方々の中には、ちょっとした雨が降っても当時のことを思い出して激しい不安に駆られる、
地元地域に愛着はあるが今の家に長く住むことを躊躇してしまう、といった感情があるのも事実です。
真の復興へ向けて、私たちも尽力しなくてはなりません。

 さて、以前、縁切りのご祈祷をさせていただいた方からご連絡を頂戴し、
広島市内で待ち合わせの上、会食を、ということになりました。
紗季祈祷師は都合がつかず不参加とはなりましたが、紗季祈祷師と縁の深い、とある和食のお店にて食事をすることとなりました。
すると、店内には「11月23日から新米をご用意いたします。」との案内が。
11/23 といえば、世間では「勤労感謝の日」ですが、もともとは「新嘗祭」の日です。
天皇みずから新穀を召し上がり、神様に収穫の感謝をお伝えになる祭祀です。
※過去記事参照。[2013年][2012年]
中には9月頃から新米を出されるお店もありますが、ここのように我が国の伝統をしっかり守っておられるお店があるのは嬉しい限りです。

最大級の台風接近中

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。ご無沙汰しております。

 我が国に到来するものとしては最大級の、猛烈な勢いの台風が接近しております。
予報によりますと、沖縄を通過したのち、九州や本州にも上陸するおそれがあるとのことです。
どうぞ皆様、命を守る行動をおとりください。

 当会におきましても、本日未明に巨大な雷鳴を確認いたしました。
「天鳴り、地鳴る」とき、大きな祈祷が効果を出すと言われております。
祈祷所に詰めている紗季祈祷師をはじめ、数名の祈祷師および関係者と連絡が取れておりません。無事を祈るばかりです。

お天気の良い日が続きます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
このところお天気の良い日が続いており、儀式を行う上でも大変助かります。
もうじき季節も秋になり、涼しくなりますとさらに過ごしやすくなりますね。

余談ですが、私ども祈祷師・神職の正装は綿素材や麻素材が中心です。
しかしながら事務職の衣装は化学繊維素材も含まれており、これは風通しがあまり良くないため夏場は苦労するようです。