タグ「金運向上」が付けられているもの

良縁成就の祈願者さまから

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 寒さもようやく一段落、といったところでしょうか。
ここ地元では JR三江線 の廃線が決定しており、各地から鉄道ファンの皆様が廃止前の姿を一目見ようと駆けつけておられるようですが、
年始からの大雪の影響で運行が見合わせられておりその雄姿を目にすることができずにいました。
天候も穏やかになり、線路の点検も終了したことから、2/22 に一部再開、2/24 には全線再開されました。
 古来より悪天候・異常気象は祈祷と密接な関係があり、本年実施されている祈祷に対しても大きな影響を与えております。
そんな中、昨年末から年始にかけて「良縁成就」をご祈祷させて頂いていた祈願者様(依頼者様)から成就のご報告をいただき、先日すばらしいおもてなしを頂戴いたしました。

「良縁」と聞くと、恋愛関係や男女関係を連想しがちですが、ここで言う「良縁」はもっと広い意味を持ちます。
良い上司に出会える、良いお客様に恵まれる、尊敬できる人に出会える、生涯付き合っていける人と出会える など、総じて『良い人脈に恵まれる』ことを目指すものです。
この世は、自分一人で生きて行けるものではありません。何事においても必ず他人との関わりが生じます。
1日中パソコンで仕事をしている人や、山奥でひたすら作品を仕上げる芸術家のような人も、その仕事は誰かの「喜び」「勇気」「幸せ」につながるわけで、その見返りとして報酬を受け取ります。
良い人脈に巡り合えるということは、自分を取り巻くすべての環境が良くなることを意味します。

 今回ご祈祷させて頂いた方からは、経営されている会社の不振を相談されておりました。
内容を伺い、私どもから「良縁成就」をご提案させて頂きました。
当然社長さん(依頼者様)からも疑問が上がり、「商売繁盛」や「金運向上」のような種類ではなく何故「良縁成就」なのかを問われました。
 その会社は従業員の出入りが激しく、せっかく育てても戦力として定着しないことが問題であるというのが共通認識でした。
その社長さんには、これからは「従業員のみならず、仕入先の担当者、関係業者の方々など、まずは『人』を大切にすること。」をお願いしました。
その上で「良縁成就」のご祈祷をさせて頂くこととなりました。
社長さんの心がけの改善が「重力」となり良い人脈を引き寄せ、さらに祈祷が「求心力」を生じさせることで相乗効果を期待しました。
その結果、これまで消極的だった従業員が一変し、新しい事業の提案をしてくれるなど経営にも積極的に参加してくれるようになってきたそうです。
まだまだこれから変わって行くものと思いますが、そうした「改善の一歩」が見えたことをとても喜んでおられました。
このように、「自らも変わり」「祈祷で周囲を変えて行く」という両輪で臨むことが、すべての祈願に対して有効であると再認識できた一件でした。

※浄階師祈祷 で実施させて頂きました。

金運のおはなし

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
すっかり日差しも夏めいてきました。
これからの梅雨の季節や、その先の真夏日・猛暑日の毎日が来るのかと思うと滅入ってしまいそうですが、季節の変化があるのが我が国の誇りでもあります。
先人の知恵に倣って暑いときには暑いなりに対応しながら季節を楽しみたいですね。

 さて、今回は、普段私どもではあまり扱わない「金運向上」のご祈祷のお話です。
とある女性Yさんから1年半ほど前にご相談頂いた件ですが、「とにかく金運向上したい!お金が欲しい!」と言われて、助言も何も聞いて頂けない状態でした。
私どもが「お金をそんなに手に入れてどうするの?」と伺ったところ、Yさんはとにかく自分の欲しいものを買いたい、好きな旅行に行きたい、世界一周してみたい・・・などなど。

 お金が手に入ることと、金運が上がることとは意味が異なります。
お金に困っている人に対してお金を差し出すことは(ある程度は)簡単ですが、その人の金運を下げることにもつながります。
困っている人と共にどうしたら現状を打破できるかを考えることは、お互いの金運を上げることにつながります。

 金運向上を唱える方々に対しては、まず私どもとしては取り合わないこととしておりますが、
Yさんについては、何か特殊な決意と覚悟のようなものを感じたため、特別にお請けすることとしました。
約1年強の期間、徹底して金運向上のご祈祷を実施させて頂きました。
祈祷の終盤は、半ば「経営塾」のような様相を呈しておりましたが・・

 すると9ヶ月ほど経過したあるときから、少しずつYさんの考え方が変わってきました。
それまでは「お金を自分のために使いたい」という考えでしたが、次第に例えば「自分が旅行が好きなので、旅行会社を作って旅をする皆様の役に立ちたい」というように。
お金を使う方から回す方へ、考え方が変わっていったというわけですね。
そして先月、とうとう小さいながらも旅行会社を設立されたそうです。中にはこういう旅行会社があってもいいかな?と思わせる、なかなか女性ならではの、着眼点が興味深く面白い会社です。

 自分の好きなことには、昼夜を問わず没頭してしまうのが人間です。
その「好きなこと」が仕事になれば、これほど幸せなことはありませんね。
幸せを感じている人の周りには、どんどん人が集まってくるものです。
人が集まれば、より大きな仕事ができるようになります。そしてより大きなお金を回せるようになります。
これこそが、金運向上の祈祷が目指す到達点と言えます。