2011年3月アーカイブ

紗季です。

 3月11日の昼下がり、私どもの経理担当の者が外出から戻って来て、「日本は大変なことになっているようだ」という一言から、大地震、ひいては大震災の事実を知りました。
私どもは広島にあり、皆無事でした。

 ただちに関東~東北にかけての祈願者様に対して安否確認のメールを送信いたしました。
何人かの方々からはただちに返信があり、翌々日の日曜日までには全ての方々から無事の連絡があり、ひと安心致しました。
皆様口をそろえて「生まれて初めての大きな揺れ、恐怖しか感じなかった。」と、その瞬間を振り返っておられました。
「部屋はメチャクチャだが、身体は無事。皆で助け合って乗り切ります。」とは、以前祈祷をさせて頂いた女性。

 以前、企業復活の件でご相談を頂戴し、祈祷をさせて頂いていた方からは、「社屋も大きな被害を受けたが、今回のことを機に社員が団結し、会社復興に全力を注ごうという、良い気迫が感じられるようになった。震災は大きな痛手だが、社員結束が得られたのは何にも代え難い。社員皆無事、これほど幸せなことは無い。」といった連絡が今朝方届きました。(北関東のとある会社。)

一方で、昨年末から呪殺祈祷を実施させて頂いていた東北地方の方からは、
「このような形で成就するとは思ってもいなかったが、今回の震災の被害者になる形で、亡くなりました」といった報告がありました。 その後は、通信手段もなかなか得られないこともあって状況や心境をお伺いするには至っておりません。(禁忌の秘呪 にて実施しました)

 世界各国から励ましのメッセージや、支援の手が差し伸べられています。
日本人は、強い国民です。
そして、世界に誇れる『民度』を持っています。
1人1本と配給される水を、ちゃんと1本ずつ律儀に受け取ることができます。
スーパーに散乱する商品を丁寧に拾って、会計の列に並ぶことができます。
信号の点かない交差点では、お互いに譲り合って事故無く通過することができます。
なんとか動き出した電車に詰め込まれても、こんなときでも若者はお年寄りに、お年よりは妊婦に、席を譲り合うことができます。
大和魂の底力をもって、我が国最大の国難に日本民族一丸となって立ち向かいましょう。
すべての日本国民に幸あらんことを。

紗季です。

今年の3月19日は、月が地球に最も近付く日です。
とは言え、もともと平均38万km以上も離れているものが
35万km余 まで接近するといった、大きな規模の話です。
注意して見ても、「大きさが違うか」と言われれば
「違う気もする・・」といったくらいの感じでしょうけれど、
普段よりきれいに見えるのは間違いないでしょうね。

当日の天候次第ですね。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。