呪術(祈祷)の対象とは? 不登校・引きこもりのお話。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 以前、お子様の不登校についてのご相談があり、ご祈祷させていただいた時のことです。
学校でのちょっとした出来事から不登校がちになり、友人から言われた一言がきっかけで完全に引きこもってしまったとのこと。
依頼者である親御さんの希望としては「新学期までには絶対に今までどおり学校に行くようになってほしい」と。
親御さんの焦る気持ちも理解できますし、お子様の「どこにも味方がいないのではないか」という不安もよく分かります。

 祈祷をお受けするにあたり親御さんにお伝えしたのは、「いろいろな選択肢があるということを認識してください」ということでした。
親御さんの焦りやイライラは、すぐに子どもにも伝わるものです。その結果、前述のように「自分にはどこにも味方がいない」と感じてしまいます。
果たして、今までどおり学校に通えるようになることがベストの選択なのか?
「いろいろな選択」について、次のような例を示しました。
 ・学校ではなく家庭で学習を続けることはできないか。不登校専門の家庭教師という制度もある。
 ・フリースクール、チャレンジスクール。
 ・通信制、定時制などの学校を選択する。
 ・就職する、あるいは趣味が転じて自分で仕事ができるようになる。
 ・海外に視野を向ける。

 そして、お子様がどのような選択をしてもそれを寛大な心でまずは受け止めてあげてください、とお願いいたしました。
頭ごなしに否定したり、話しを聞くふりをしながら自分の意見(復学)を通そうとするのは逆効果です、とも伝えました。
 祈祷が始まり、その後依頼者である親御さん自身もいろいろな進路を調べられたようです。
そして、「子どもがどういう選択をしても受け入れる。そして子どもの方から自分の意見を言えるような環境を作って行く。」ともおっしゃいました。

 それから間もなく、状況は動きました。
結果的には、親御さんが一番理想としていた「復学」が叶ったそうです。
徐々に「学校へ行ってみようかな」と言い始め、実際に登校し、さらには「明日も行きたいから早めに起こしてほしい」と言うようになられたそうです。

 祈祷をお受けした際に、その対象として位置付けたのはもちろん不登校のお子様自身でした。
ただし、前述のように、時には事情を知る家族や仲間も巻き込み全体として案件に取り組むこともあります。
もし親御さんが頑なに「絶対に新学期までに学校に行けるようにならないといけない!」という意見を通そうとしていたならば、お子様はますます引きこもってしまったと思います。
果たして「祈祷の対象者」とは何なのでしょうかね。
祈祷行為は「力点」でありそれを「祈祷師」であるとすれば、期待する結果が表れる先の「作用点」が「対象者」と言えますが、
今回のように「お子さま自身」だけではなく依頼者である「親御さん」も考え方が変わり、その結果良い結末を得ることができました。

 呪術(祈祷)というものは、「憎い相手に悪さをしてやろう」という目的ではなく、あくまで「歪んだ現状を正す」ことが大義であると実感した一件でした。


恋愛成就祈願(長期)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 恋愛成就祈祷を実施させて頂いた依頼者の方から成就のご報告を賜りました。
およそ7ヶ月に渡る長期の祈祷となってしまい、また成就に至るまで紆余曲折ございましたが、
最後まで諦めず願い続けたことが大きな結果につながりました。
 途中、祈祷を続けてはいるものの状況は悪化するばかりで、まさに「絶望」といった時期もございました。
これ以上続けても効果は望めないかも知れないと、返金対応する段まで話が進んだこともありました。
 ところが今月下旬、地震・豪雨・酷暑という厳しい自然現象に苦しめられた時期でもありましたが、
まさに急転直下といった状況変化でした。
 テコでも動かないと思われた現状があっという間に好転し、それまでの「絶望」と思われた期間が嘘のように理想の結末を導くことができました。

 今回の案件では、私たち祈祷師も学ぶことが多くありました。
 加えて、やはり「絶望」と思われる時期をお互いに強い心で乗り越えてこそ、
その先の理想の結末を手に入れられるのだと痛感した一件でもありました。
 お二方には末永くお幸せになって頂きたく、心よりお祈り申し上げます。

※【禁忌の秘呪】で実施いたしました。

平成30年7月西日本豪雨災害

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 西日本各地に特別警報が出された豪雨から1週間。
被害状況が報道されていますが、その広範さには言葉を失います。
当会社務所・祈祷所周辺でも大きな被害が出ておりますが、
当会がこれだけの被害でおさまったことは奇跡であると感じております。
神様のご加護、近隣住民の皆様のご尽力のおかげと日々感謝しております。

 ご依頼者の方から頂いた写真ですが、今まで無かった「山の中の亀裂」が何本も確認できるそうです。
斜面の表面がゴソっと滑り落ちたのでしょうか。
201807_NISHINIHON-GOUU.jpg

 未曽有の国難から一日も早く日常を取り戻せるようお祈り申し上げます。

西日本豪雨災害

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 前回の記事で、当会の祈祷所が豪雨災害の影響で「陸の孤島状態」になっている旨をお伝えいたしましたが、
9日の早い段階でそれも解消されました。
ご心配くださった皆様には心より御礼申し上げます。

 報道されているような深刻な被災地の状況と比較して、それほど極端な被害を受けなかったこと、
地元の皆様が「今こそ私たちが恩返しをするときだ!」とご自身の自宅も大変な状態であるにもかかわらず、
祈祷所・社務所の復旧に駆けつけてお骨折りいただいたことが早期復旧につながったものです。
この場をお借りして心より感謝申し上げます。

 史上最悪の豪雨災害と言われております。
どこから手を付けて良いか分からない状況だそうです。

日本国民が手を取り合って、この国難を乗り越えましょう。
すべての日本国民に幸あらんことを。

H30.7.6 中四国・九州豪雨災害

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 つい先日、全国的に大きな地震に見舞われたかと思えば、今度は中四国・九州を豪雨が襲いました。
ここ広島でも昨日の朝から本日にかけて、絶え間なく大雨が降り続きました。
現在は雨も止んでおりますが、九州南部・四国・近畿ではまさに今が雨のピークであり、しばらく続くそうです。

 また、広範囲で豪雨による災害が発生しております。
H26年8月に広島市北部土砂災害が発生しましたが、今回はさらに広範囲で同様の、それ以上の被害が出ている模様です。
広島の大雨特別警報は解除となりましたが、引き続き警戒は必要です。

 また、この豪雨災害の影響で現在、祈祷所が陸の孤島となっております。
大がかりな復旧作業が始まりましたが、数日は辿り着くこともできないかも知れません。
また追ってご報告いたします。

県北部を震源とする地震

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 本日先ほど(2018.06.26 pm5:00頃)、広島県北部を震源とする地震が観測されました。
私は直前まで祈祷所に居りちょうど帰途についたタイミングでしたが、突き上げるような大きな振動を感じ、
同時に「ドーン」とも「ズーン」ともつかぬ地鳴りが背後から聞こえました。
 古来より「天鳴り、地鳴り」は祈祷の大きな効果の兆候と言われます。
ひょっとすると成就の表れであったのかと考えておりますが、詳しい知らせが入っていないため詳細は分かりません。

"禁忌" の成果

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

迷宮入りと思われていた事件が解決に向かいそうです。
本日はこのニュースで持ちきりですね。朝のニュースからは、全国版でも伝えられるようになりました。

 先日 4/9 に 「天鳴り、地鳴り、これらが...」という投稿をしましたが、年始から【禁忌の秘呪】を実施していた祈祷師の組から、「一定の効果を得た」との報告が入ったのがその翌々日でした。
依頼者様のご要望に沿った結末を迎えられそうです。

 本件とは別で、とある未解決事件を対象とした祈祷も実施しております。こちらも、早ければ夏までには成果を上げられそうです。
ここで良いご報告が出来ることを祈っております。

天鳴り、地鳴り、これらが...

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 先ほど(2018.04.09 am01:32)島根県西部を震源とする大きな地震があったとの報告が入りました。
ここ地元でも久しぶりの大きな長い揺れを感じました。
 また、先日 4月1日の未明には、社務所に「ドーン」という大きな雷鳴が轟きました。
実際にはここ一帯は晴天で落雷の気配さえなかったのですが、社務所をピンポイントで狙ったような雷鳴でした。
その影響で所内の通信機器類がほぼ壊滅し、復旧に骨を折りました。

 古来より「天鳴り、地鳴り、これらが合わさった時に秘呪が完成する」と伝えられております。
先日の「天鳴り」と本日の「地鳴り」。
これは、何か大きな祈祷が功を奏したことを表しているのか、まだ報告が入っていないため定かではありません。

 今後の余震には十分にご警戒ください。
また、地震の影響で路面が割れるなど、思わぬ影響が出ている場合もございますので十分にお気を付けください。

※追伸:余震がかなり続いているようです。お気を付けください!

良縁成就の祈願者さまから

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

 寒さもようやく一段落、といったところでしょうか。
ここ地元では JR三江線 の廃線が決定しており、各地から鉄道ファンの皆様が廃止前の姿を一目見ようと駆けつけておられるようですが、
年始からの大雪の影響で運行が見合わせられておりその雄姿を目にすることができずにいました。
天候も穏やかになり、線路の点検も終了したことから、2/22 に一部再開、2/24 には全線再開されました。
 古来より悪天候・異常気象は祈祷と密接な関係があり、本年実施されている祈祷に対しても大きな影響を与えております。
そんな中、昨年末から年始にかけて「良縁成就」をご祈祷させて頂いていた祈願者様(依頼者様)から成就のご報告をいただき、先日すばらしいおもてなしを頂戴いたしました。

「良縁」と聞くと、恋愛関係や男女関係を連想しがちですが、ここで言う「良縁」はもっと広い意味を持ちます。
良い上司に出会える、良いお客様に恵まれる、尊敬できる人に出会える、生涯付き合っていける人と出会える など、総じて『良い人脈に恵まれる』ことを目指すものです。
この世は、自分一人で生きて行けるものではありません。何事においても必ず他人との関わりが生じます。
1日中パソコンで仕事をしている人や、山奥でひたすら作品を仕上げる芸術家のような人も、その仕事は誰かの「喜び」「勇気」「幸せ」につながるわけで、その見返りとして報酬を受け取ります。
良い人脈に巡り合えるということは、自分を取り巻くすべての環境が良くなることを意味します。

 今回ご祈祷させて頂いた方からは、経営されている会社の不振を相談されておりました。
内容を伺い、私どもから「良縁成就」をご提案させて頂きました。
当然社長さん(依頼者様)からも疑問が上がり、「商売繁盛」や「金運向上」のような種類ではなく何故「良縁成就」なのかを問われました。
 その会社は従業員の出入りが激しく、せっかく育てても戦力として定着しないことが問題であるというのが共通認識でした。
その社長さんには、これからは「従業員のみならず、仕入先の担当者、関係業者の方々など、まずは『人』を大切にすること。」をお願いしました。
その上で「良縁成就」のご祈祷をさせて頂くこととなりました。
社長さんの心がけの改善が「重力」となり良い人脈を引き寄せ、さらに祈祷が「求心力」を生じさせることで相乗効果を期待しました。
その結果、これまで消極的だった従業員が一変し、新しい事業の提案をしてくれるなど経営にも積極的に参加してくれるようになってきたそうです。
まだまだこれから変わって行くものと思いますが、そうした「改善の一歩」が見えたことをとても喜んでおられました。
このように、「自らも変わり」「祈祷で周囲を変えて行く」という両輪で臨むことが、すべての祈願に対して有効であると再認識できた一件でした。

※浄階師祈祷 で実施させて頂きました。