紗季: 2010年7月アーカイブ

紗季です。
復縁祈願のご依頼が、近年急増しております。
頂戴する文面からだいたいの状況が分かりますので、それに応じてまずはアドバイスさせて頂いております。
中には「頂いたメールを読んで、何度か涙が出ました。確かにおっしゃるとおりでした。」と言って頂ける方もおられ、そういった方々にはまずは「今の気持ちを忘れずに、もう一度ぶつかってみなさい。」と追加させて頂きます。
復縁成就(復縁成功)の秘訣は、やはり自分が変わり、相手が変わり、環境が変わることと考えております。
自分の力の及ばない「相手の心を変える」「環境を変える」という点について、祈祷師が全力で御祈祷させて頂き、お力添えいたします。
祈祷(儀式)だけにすっかり依存してしまうのもまた、危険なことと言えます。せっかく復縁のチャンスが来ても、結局また時間が経てば元の状態に戻ってしまい兼ねません。
自分が変わる・自分を磨く、といった点についても、どうか重視して頂きたく思います。
逆の立場で考えても、いつも悲観的でくよくよしている人と、また一緒になりたいと思うでしょうか? それよりも、常に前向きで「また一緒になれたら、こんな将来を送りたい」といつも明るく振舞っている人は、人間としての魅力にあふれ、誰からも愛される人間になるでしょう。

復縁祈願について
ご相談はこちらからどうぞ

紗季です。
地元・広島県をはじめ、西日本を中心とした各地で豪雨による土砂災害が多発しております。
被害に遭われた方々、謹んで哀悼の意を申し上げます。

 満月・新月で、風も雲もなく穏やかな日の夜は、呪詛の効力は一層強力なものになると言われております。
また逆に、皮肉にも、先日から続いているような豪雨・強風・雷鳴・地鳴り(?)といったの激しい天候下でも、大変効果的な呪術を行うことが可能となります。
今週は全国でも西日本の災害を報道された関係か、特に私どもの身を案じて頂くメールを多く頂戴しております。
私どもや周囲の関係者には、今のところ被害を受けたとの報告は上がっておりません。ご心配、痛み入ります。

紗季です。
梅雨の季節ですね。このところ毎日のように大雨が降ります。

そんな大雨の中、先々月末まで祈祷をさせて頂いた女性が、遠方からはるばる社務所を訪ねてくださいました。
具体的な祈願事の内容については公表して欲しくないというご本人様の意向により、ここに書くことは控えますが、一時は「自分は死ぬつもりだ」とまでおっしゃっていたにも関わらず、すっかり明るく前向きになっておられたことにまず驚かされました。
相談に来られた当初を振り返って、「憎悪の心しかなかった当時が嘘のようだ、これからは自分が生きている、というよりむしろ生かされていることを自覚していきたい」と、素敵な笑顔をこぼされました。
テレビもない社務所で、おもてなしも出来ませんでしたが、私どもにも幸せを分けて頂けたような気分でした。

紗季です。
祈祷をご依頼される方から、よくこのような質問を頂戴いたします。

「祈祷を依頼する場合、どの程度の呪い返しが来るでしょうか?」

私自身は「呪い返し」について一般の方に説明する際に、
呪術の目的・規模の大小に関わらず、呪術という事案に関わる以上は祈願者様(依頼者様)にもわずかながら呪い返しの影響が生じます、
といったことをお伝えしております。
ただしこれだけでは単に祈願者様をビクビクさせるだけに終わってしまいますから、
「よって、特に儀式の期間中は日頃以上に注意して、お過ごしくださいませ」
と付け加えております。
 この説明の本質は以下の通りです。

本来の「呪い返し」というものは、呪術行為の跳ね返り、あるいは反作用として、行為者自身に生じるものでございます。
従いまして、呪術行為を行う祈祷師(呪術師)が、その影響を受けることになります。
これを「本来の呪い返し」あるいは「狭義の呪い返し」と呼んでおります。
依頼者様は呪術行為をするわけではありませんので、「本来の呪い返し」の影響を受けることはありません。
しかし、呪術という非日常的な事案に関わるわけですから、儀式の期間が近付けば、いくら心穏やかに過ごしたくとも
どこか神経が高ぶったり、落ち着きがなくなってしまいます。これによって夜間の睡眠不足を生じ、日中は注意力が散漫に
なってしまうことも予想され、場合によっては事故などを誘発する危険性もあります。
このことは、本来の呪い返しの影響とは異なりますが、呪術という事案に関わることにより受ける影響という意味では、
「広義の呪い返し」とも呼ぶことができるでしょう。
従いまして私どもでは、祈願者様に上記の内容を説明し、できるだけ夜間は充分に睡眠を取って頂くようにお願いし、
日中は普段以上に周囲に注意してお過ごしいただくことをお願いしております。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このアーカイブについて

このページには、2010年7月以降に書かれたブログ記事のうち紗季カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは紗季: 2010年6月です。

次のアーカイブは紗季: 2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。