豪雪災害

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

数十年ぶりの豪雪により、各地に多大な影響が出ていると聞きます。ここ地元でも、近年稀に見る大雪のため近場へ出るにも大変苦労しております。
被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
紗季祈祷師も、難しい祈祷に携わっておられることに加え、この大雪で思うように祈祷所を離れられずにいるようです。
古来より「天鳴り地鳴るとき」に祈祷の効果が爆発的に表れるとされます。荒々しい気象は多大な効果をももたらしてくれるものです。

 とはいえ、各地に被害をもたらしている大寒波には、そろそろお引き取り願いたいものです...

平成30年 恭賀新年

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です
旧年中は身に余る愛顧を賜り 謹んで御礼申し上げます
今年も変わらぬお力添えのほど 何卒よろしくお願いいたします

平成29年 新嘗祭

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

本日 11月23日は、宮中祭祀の中でも最も重要とされる「新嘗祭」が執り行われます。
「新嘗祭」は「にいなめさい」と読みます。
天照大神をはじめとする天地の神に、天皇が五穀(新穀)を捧げ、天皇自らも五穀を召し上がる儀式です。
その年に収穫された新穀(新米など)を神様に捧げて感謝をするという儀式です。
儀式が終わると、神様からの「お下がり」を頂くという形で、私たちも新米を口にすることができるようになります。
「新嘗祭」の歴史は相当に古く、平安時代・皇極天皇の頃の文献に最初に登場するそうです。

 「勤労感謝の日」と名を変えたのは、その歴史と比較することすら馬鹿馬鹿しいほど、つい最近のことです。
戦後 GHQ の政策により、「祭日」はなくなり、名を変えて「祝日」などになりました。
  2月11日の「紀元節」は神武天皇即位の日ですが、「建国記念の日」に。
 11月23日の「新嘗祭」は「勤労感謝の日」に。

 名を変えることで、その由来もすっかり分からなくなってしまいました。
理解が薄れることで、そもそも収穫された農作物などに対して感謝をする気持ちが忘れられてしまったり、
我が国が2600年以上、こうして平穏に国体を維持できていることへの感謝を忘れられてしまいます。
買い物に行けば食べ物が置いてあり好きに手に取ることが当たり前な飽食の時代であり、
自らの義務は果たさず権利ばかりを主張し国や周囲に対する不平不満ばかりを言う世の中になってしまいつつありますが、
せめて、私やあなただけでも、これを機に気持ちをリセットして、
当たり前のものへの感謝の気持ちを持てるように変わって行きたいものですね。

 私たち日本人は本来、利他主義(利己主義の反対)であり、他者を思いやることのできる民族です。
誰かにお土産をあげようとするとき、キズが入ったものは自分用にし、一番キレイなものを誰かにあげる、といった経験が誰しもあるのではないでしょうか。

感謝と思いやり、これからも心がけて行きたいですね。

ネットは「ツール」から「社会そのもの」に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。
ご無沙汰いたしております。

 紗季祈祷師に師事し修業を積み、本年10月から正式に単独で祈祷をすることができるようになりました。
今後とも、皆様のお役にたてるよう邁進してまいります。

 さて、ここ4~5年の間に「ネット」に関連するご相談ご依頼が増えてまいりました。
以前は、実社会における祈願事の成就の過程で、ネットをツールとして用いるといった程度でした。
その後、実体は分からないが「ネットの向こう側にいる人間」に対して影響を与える内容に変化して行き、
最近では「ネットの世界」そのものに影響を与えるような内容に変わってきました。
今や「ネット」は、単なる「ツール」などではなく「社会そのもの」「実社会の投影」だと言えます。

 呪術も、時代に合わせて変化して行かなければなりません。
旧態依然の祈祷師たちもたくさんいます。実際に、たくさんの方々のご相談に乗り、結果を出しておられますのでそういったやり方も残す必要があります。
インターネットの技術面は、私の得意分野でもあります。
責任ある立場をいただいたからには、より一層皆様のお役に立ちたく、
私の得意分野を活かした働きをしてゆきたいと考えております。
「ネット」の匿名性を悪用した加害行為に対しては、私たち「ネットに精通した祈祷師」が全力で対応いたします。

 もちろん、物事には正道と覇道の両面から臨まなくてはなりません。
「正道」で筋を通すには、まず法的手段をとるなど、オモテのやり方を尽くすこと。
その上で「覇道」、すなわち祈祷などのウラの手段を用いる、
「正道」「覇道」で手を尽くすことこそ「王道」です。

 それでは、本格的な寒さに向かう時節、皆様方におかれましても風邪など召されませぬようご自愛ください。

文化の日(明治節)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

11月に入って急に寒さを感じるようになりました。
皆様は風邪などで体調を崩されてはいませんでしょうか。

 さて今日は「文化の日」ですが、本来は『明治節』、つまり明治天皇の誕生日であり、国民が奉祝する日です。
祝祭日の言い換えは他にもたくさんありますが、最たるものは『新嘗祭』ですね。今年もこの日にまた記事を投稿すると思います。

 また、本日は日本国憲法が公布された日でもあります。(昭和21年11月3日)
 「文化の日」の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とのこと。
平和と文化に重きを置いた我が国の憲法に、思いを馳せる時間を持つのも良いのではないでしょうか。

台風5号の影響

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

非常に大きな台風が最接近し、ここ広島でも今朝から大雨と突風に見舞われました。

20170807-typhoon.png

広島は72回目の朝を迎えます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

本日 8月6日、広島は72回目の原爆の日を迎えます。
1945年のあの朝、広島は死の町と化しました。
あれから72年、この街は驚くほどの発展を遂げています。
忘れないためにも、私たちが語り継いで行かなければなりません。

再開・再会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
ご無沙汰いたしております。

長らく、Web や新件の受付を中断しておりましたが、本日より無事再開の運びとなりました。
皆様には大変ご迷惑ご心配をおかけいたしました。
昨年 2016年より、祈祷師一同、とある大きな仕事に総動員で携わっておりました。
その準備のため、2015年から徐々に Web 受付を縮小し備えておりました。
"大きな仕事" の内容は、もちろん守秘義務の関係で申し上げられませんが、
地元・広島、その他周辺地域で起こった「奇跡」の連続をご覧いただけましたら、その概要をお分かりいただけるのではないでしょうか。
被爆被害者加害者の奇跡の対面、二十数年ぶりの優勝 などなど・・・
それらの仕事もようやく一段落し、私どもの手を離れました。
数々の奇跡に直接・間接に携わることができたことは、大変光栄でした。
私どもも1年半ぶりに社務所に戻り、祈祷師は久しぶりに家族の元へ帰り、そして地元の方々との再会を果たし、忘れかけていた日常を取り戻しました。

ただいま、Web受付再開へ向けて体制を整えております。お気軽にご相談ください。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

習い事のご祈祷

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
梅雨も明けて、各地で猛暑が続いております。

 最近、習い事などの上達・習熟という祈祷のご相談を受ける機会が増えてまいりました。
自己練磨(自分磨き)の一環で、自分への投資をされる方が増えているようですね。
一度踏み込んだ世界ですから、ぜひとも極みに達していただきたい次第です。

 習い事をするということは、その技術や知識を自分のものにするということも重要ですが、
何より「習う心構え」を修練する場であると思います。
謙虚さが無ければ、どんな物事も自分のモノにすることはできません。
自分の師匠に完全に染まり、認められてから、その後に自分のアレンジをして行けばよいわけです。
まだまだ未熟な人間ほど、「でも」や「だって」を真っ先に発するものです。
そういう人間に対して、心を込めて教えたい師匠は居ないはずです。