ネットは「ツール」から「社会そのもの」に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。
ご無沙汰いたしております。

 紗季祈祷師に師事し修業を積み、本年10月から正式に単独で祈祷をすることができるようになりました。
今後とも、皆様のお役にたてるよう邁進してまいります。

 さて、ここ4~5年の間に「ネット」に関連するご相談ご依頼が増えてまいりました。
以前は、実社会における祈願事の成就の過程で、ネットをツールとして用いるといった程度でした。
その後、実体は分からないが「ネットの向こう側にいる人間」に対して影響を与える内容に変化して行き、
最近では「ネットの世界」そのものに影響を与えるような内容に変わってきました。
今や「ネット」は、単なる「ツール」などではなく「社会そのもの」「実社会の投影」だと言えます。

 呪術も、時代に合わせて変化して行かなければなりません。
旧態依然の祈祷師たちもたくさんいます。実際に、たくさんの方々のご相談に乗り、結果を出しておられますのでそういったやり方も残す必要があります。
インターネットの技術面は、私の得意分野でもあります。
責任ある立場をいただいたからには、より一層皆様のお役に立ちたく、
私の得意分野を活かした働きをしてゆきたいと考えております。
「ネット」の匿名性を悪用した加害行為に対しては、私たち「ネットに精通した祈祷師」が全力で対応いたします。

 もちろん、物事には正道と覇道の両面から臨まなくてはなりません。
「正道」で筋を通すには、まず法的手段をとるなど、オモテのやり方を尽くすこと。
その上で「覇道」、すなわち祈祷などのウラの手段を用いる、
「正道」「覇道」で手を尽くすことこそ「王道」です。

 それでは、本格的な寒さに向かう時節、皆様方におかれましても風邪など召されませぬようご自愛ください。

文化の日(明治節)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

11月に入って急に寒さを感じるようになりました。
皆様は風邪などで体調を崩されてはいませんでしょうか。

 さて今日は「文化の日」ですが、本来は『明治節』、つまり明治天皇の誕生日であり、国民が奉祝する日です。
祝祭日の言い換えは他にもたくさんありますが、最たるものは『新嘗祭』ですね。今年もこの日にまた記事を投稿すると思います。

 また、本日は日本国憲法が公布された日でもあります。(昭和21年11月3日)
 「文化の日」の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とのこと。
平和と文化に重きを置いた我が国の憲法に、思いを馳せる時間を持つのも良いのではないでしょうか。

台風5号の影響

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

非常に大きな台風が最接近し、ここ広島でも今朝から大雨と突風に見舞われました。

20170807-typhoon.png

広島は72回目の朝を迎えます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。

本日 8月6日、広島は72回目の原爆の日を迎えます。
1945年のあの朝、広島は死の町と化しました。
あれから72年、この街は驚くほどの発展を遂げています。
忘れないためにも、私たちが語り継いで行かなければなりません。

再開・再会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
ご無沙汰いたしております。

長らく、Web や新件の受付を中断しておりましたが、本日より無事再開の運びとなりました。
皆様には大変ご迷惑ご心配をおかけいたしました。
昨年 2016年より、祈祷師一同、とある大きな仕事に総動員で携わっておりました。
その準備のため、2015年から徐々に Web 受付を縮小し備えておりました。
"大きな仕事" の内容は、もちろん守秘義務の関係で申し上げられませんが、
地元・広島、その他周辺地域で起こった「奇跡」の連続をご覧いただけましたら、その概要をお分かりいただけるのではないでしょうか。
被爆被害者加害者の奇跡の対面、二十数年ぶりの優勝 などなど・・・
それらの仕事もようやく一段落し、私どもの手を離れました。
数々の奇跡に直接・間接に携わることができたことは、大変光栄でした。
私どもも1年半ぶりに社務所に戻り、祈祷師は久しぶりに家族の元へ帰り、そして地元の方々との再会を果たし、忘れかけていた日常を取り戻しました。

ただいま、Web受付再開へ向けて体制を整えております。お気軽にご相談ください。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

習い事のご祈祷

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紗季です。
梅雨も明けて、各地で猛暑が続いております。

 最近、習い事などの上達・習熟という祈祷のご相談を受ける機会が増えてまいりました。
自己練磨(自分磨き)の一環で、自分への投資をされる方が増えているようですね。
一度踏み込んだ世界ですから、ぜひとも極みに達していただきたい次第です。

 習い事をするということは、その技術や知識を自分のものにするということも重要ですが、
何より「習う心構え」を修練する場であると思います。
謙虚さが無ければ、どんな物事も自分のモノにすることはできません。
自分の師匠に完全に染まり、認められてから、その後に自分のアレンジをして行けばよいわけです。
まだまだ未熟な人間ほど、「でも」や「だって」を真っ先に発するものです。
そういう人間に対して、心を込めて教えたい師匠は居ないはずです。

地震、ご祈祷、ゴールとスタート。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

本日未明、大分県南部を震源とする地震が発生いたしました。
皆様は、被害に遭われてはいませんでしょうか。
ここ広島でも、震度2~4が記録されましたが、大きな被害の報告は受けておりません。

 地震があった時刻には、私自身は祈祷所に入っておりました。
ちょうど前日が祈祷の日程となっておりまして、この日のご祈祷をすべて終えた矢先の揺れでした。
祈祷師一同「これは何かあったに違いない」と考えました。

 そして夜が明け、昼過ぎあたり、ご依頼者の方から一報が入り、
昨日から本日未明までご祈祷させて頂いていた呪殺祈祷の対象者が急性心不全で亡くなり、いろいろと手続きを終えたところだというご報告でした。
ご依頼者の方もどこか落ち着いた様子で、身内が亡くなったことに対する大きな悲しみはありませんが、呪殺祈祷がようやく成就した喜びというわけでもなく、「これからようやく自分の人生が始まる」といったある種の覚悟をも感じさせるしっかりとした声でした。

 祈祷の成就は私どもにとってはあるひとつの「ゴール」ですが、ご依頼者様にとっては、ここから新たな人生が始まる「スタート」でもあります。
ご祈祷(呪術)は最終手段であり、絶望的な状況下からの劇的な状況変化を実現する手段ですが、
その成就を「ゴール」と捉えてしまうと、それから先の計画が立っておらず、あるいはその先の人生を犠牲にしてまで祈祷に臨んでしまって、せっかく成就してもその先の人生で苦しい思いをするかもしれません。
あくまで祈祷は手段であり目的ではなく、成就は新たな人生の「スタート」です。

梅雨入り

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

香苗です。

広島は、昨日梅雨入りしました。
今日は快晴ですが、これからシトシトと雨の続く、嫌な季節になりますね。
しかし、これも恵みの雨、農作物には必要な雨です。
梅雨が明ければ、青い空が広がる夏が待っています。
人の運気も同じですね。
常に良いことばかり続くわけではありません。悪い時期が来ても、それを乗り切ればまた良い時期もやってきます。
悪いときには、悪いときなりに、「自分の中のそういう時期なんだ」と受け止めることが大切ですね。